8 faces

歴史

半世紀を超えて引き継がれる、創業者の思い

創業者三木博は、「誰かの役に立ちたい」という思いを実現するために、
1968年、それまでの小売専業を発展させ、
自社でモノを開発製造するメーカー「三協自工」を設立しました。

創業者は、自動車整備業界のお客様と常に向き合い、
部品洗浄機やワンタッチホイールプ―ラーなどを提供する中で、
リールという製品に出会い、自社で製造・販売を開始することを決意。
1999年、リールに特化する覚悟を持って、
社名を「株式会社三協リール」へ変更しました。

2003年、中国に生産拠点を構え、
2007年にはコーポレートブランド「TRIENS」を立ち上げ、
今日では世界に向けて商品を発信しています。

これからも私たちは、時代や市場の変化に対応しながら、
創業者の思いを引き継ぎ、100年企業を目指して邁進し続けていきます!

事業内容

世界トップのリールメーカーを目指して

私たちは、ホースやコードを巻き取る自動車整備用リール、
産業用リールの製造販売を通じて、
産業界における安全で効率の良い、快適な作業環境づくりに貢献する企業です。

「より安全なものが欲しい」「こんなリールがあったら便利だ」
「メンテナンス性が良いと助かる」など、お客様一人ひとりの声を どこよりも早く製品化して届けています。

お客様の声にお応えしてきた成果として、多彩なラインナップを備え、
今日では「リールの三協」と呼ばれ、全国のカーディーラーや整備工場などで
圧倒的シェアを誇り、他の産業界においてもシェアを広げています。

また、「安全性、機能性、耐久性、さらにデザイン性に優れた高品質なリールを
世界のお客様に使っていただきたい」
そんな思いから産業界ではいち早く開発・生産拠点を海外にも構え、
今日ではアメリカ、中国、ベルギー、タイに販売拠点を展開し、
世界55カ国で私たちのリールは使われています。

これからも私たちは世界で最もお客様から愛されるリールメーカーを目指して、
挑戦し続けていきます!

技術力

こだわりの技術力

「巻いて、流して、止める。」そこに私たちのこだわりの技術が集結しています。

製品づくりにおいて、私たちは性能試験を繰り返します。
最適な巻き取りスピードを決める板厚や板幅にこだわったゼンマイ、
抵抗を少なくするため100分の1ミリ単位までこだわったスイベル、
150万回の接触に耐えられるよう材質と強度にこだわったラチェット。
数値的な実証に基づいた確かな性能と信頼をお客様にお届けします。

さらに人が触れるものだからこそ、数値では測れない感覚も大切にしています。
巻き戻るときに危なくないか、気持ちよく引き出せるか。
日本で最もリールを熟知した技術者が何度も試作を重ね、
お客様のことを思い浮かべながら製品づくりに取り組んでいます。

リールにかかわる経験と知識とこだわりが、
世界どこのリールメーカーにも真似することができない技術であり、
三協リールの誇りです。

これからも私たちは、技術を磨き続け、持てる力の全てを注ぎ、
世界で最上のリールをつくり続けていきます!

開発力・対応力

お客様の声をカタチにする総合開発力

「これ、三協さんで作れない?」
お客様の要望を何としてもカタチにする。その想いが開発の原動力です。
これまで培った技術を応用しながら、たくさんの試みと失敗を繰り返し、
妥協することなく性能を徹底追求することで、
お客様から納得いただける商品をつくり出してきました。

「三協さんに頼んで良かった」
お客様から高い評価を頂くことが私たちの誇りです。

また、開発を一緒になって支えてくれる協力会社の数は、
国内外200社を超えます。
このネットワークを活かした、総合的な開発力・対応力は
他社に真似できない我が社の強みとなっています。

これからも私たちは世界各国から届く声をカタチにして、
お客様のご要望と期待に応え続けていきます!

人間尊重の経営

人間こそが財産

“主人公はいつも人。人間こそが企業の財産である。”
この考え方を軸として、一人ひとりの人間性を尊重し、
それぞれの能力が発揮できる環境づくりを大切にしてきました。

電話を受ける人、設計する人、製品を組み上げる人、販売する人。
ユーモアのある人、冷静な人、熱血な人、真面目な人。
お互いの能力や個性を認め合い、助け合いながら皆で会社を支えています。

誰ひとりとして欠けてはならない存在だからこそ、個の成長を考え、
それぞれが持つ人間力・能力を伸ばす研修や教育にも力を入れています。

これからも私たちは、分け隔てなく人を尊重し、皆が輝ける組織をつくり、
社会に貢献し続けていきます。

堅実経営

未来を見据えた堅実経営

私たち三協リールは創業以来、 一貫して自動車整備事業とリール事業に経営資源を集約させています。

そして一歩先を行く商品・サービスから生まれる
快適な作業環境づくりを提供すること
で社会に貢献し、お客様に喜んでいただいています。

それこそが私たちの今日の原動力です。

身の丈に合った地道な経営努力で財務基盤を固めたこと、
お客様や協力会社との相互信頼関係を築き上げてきたことが、
三協リールの強みです。
また現状に満足せず、将来を見据えた投資にも力を入れています。

これからも私たちは嘘偽りのない誠実な経営で、
現在、そして未来のお客様のために
今まで以上にお役に立てるよう努力し続けていきます。

サービス

「何とかしたい」お客様の笑顔のために

三協リールの修理サービスの原点は、創業期に遡ります。
お客様のもとを一軒一軒訪問している際、困っていらっしゃるお客様を目の前にして
「何とかしたい!」という思いから、その場で修理を始めたことが始まりです。

私たちの修理サービスは、お客様から大変喜ばれ、
今日では、日本全国で自社及び協力会社ネットワーク16拠点、
代理店ネットワーク300拠点のサービス体制を構築。
海外においても約35カ国180拠点の代理店サービスネットワークを構築しています。

また、万が一の緊急事態にもスタッフが24時間以内で現場に向かい、
経験を活かしたきめ細やかなサービスを提供し、
お客様に安心していただけるよう努めています。

これからも私たちは創業からの「何とかしたい!」という思いを受け継ぎ、
お客様に心から喜んでいただけるサービスを提供し続けていきます。

社風

家族愛にあふれる温もりある職場

三協リールの創業者三木博は、誰に対しても分け隔てなく、
社員一人ひとりを我が子のように愛情を持って接し、育てる、そんな温かい人でした。
その姿は、たくさんの人から慕われるとともに、
創業者が育んだ愛情あふれる社風は従業員一人ひとりの心に受け継がれています。

常にお互いを気にかけ、厳しいことも率直に言い合い、
喜びを一緒になって分かち合う。

困っている仲間がいれば自分のことのように悩み、
どんな困難であっても皆で助け合って乗り越える。

いつも仲間が寄り添い、共に笑い、喜び、幸せになることのできる、
そんな三協リールの職場と仲間が、皆大好きです。

「一緒に幸せになりたい」
これからも私たちは強い絆で結ばれた仲間たちと力を合わせながら、
お客様と共に歩み続けていきます。